映画

ハリーポッターのアズカバンはどんなところ?場所と意味についても!

 

「ハリーポッターとアズカバンの囚人」

 

公開年 2004年

評価 ★★★★★★★★★★ 10/10

前作はこちら「ハリー・ポッターと秘密の部屋」をレビューしてみた!




あらすじ

学校の休みでダーズリー家に帰っていたハリーは、遊びに来ていたマージおばさんの嫌がらせにうんざりし、魔法でおばさんを風船に変えてしまいました。

とっさに家を飛び出したハリーが道路に佇んでいると、暗闇にいる大きな犬を発見しますが一瞬で消えてしまいます。

その直後、偶然通った夜の騎士バスに乗り、ハリーはダイアゴン横丁に向かいます。

ダイアゴン横丁の「漏れ鍋」についたハリーを待っていたのは魔法大臣のファッジでした。

「漏れ鍋」では魔法を外で無断で使ってしまったことに対してファッジに警告され、そしてロンの父からはアズカバンから脱獄したシリウス・ブラックのことを聞きました。

そして新学期のホグワーツでは「闇の魔術に対する防衛術」の教師としてリーマス・ルーピンを迎え、シリウス・ブラックを警戒しながらも学校生活を送っていくのですが、ある日ハリーはフレッドとジョージから「忍びの地図」というものを渡されるのです、、、

 

重要キャラクター

 

シリウス・ブラック

ディメンターが看守として雇われているアズカバン刑務所から脱獄した殺人犯です。

そしてハリーの父ジェームズ、リーマスと友人でもあります。

ある理由でハリーを探しているのですが・・・

ちなみにアズカバンの意味について検索したのですが、ヒットせず、、、

作者のJ・Kが考えたオリジナルの名前なのかもしれないですね。

 

リーマス・ルーピン

今期の「闇の魔術に対する防衛術」の教師です。

ちなみに闇の魔術に対する防衛術の教師が毎年変わってしまうのはヴォルデモートの呪いだと言われています。

ハリーの両親のことをよく知っていて、ハリーに守護霊の呪文を教えるのも彼です。

 

ピーターペティグリュー

ハリーの父やルーピンの友人。シリウスによって惨殺され、残っていたのは小指1本だと言われていますが、、、

 

>>ハリーポッターの賢者の石でクィレルはなぜ灰に?半ヴォルデモートになった理由は?

 

感想

私としてはハリーポッターシリーズで一番好きな作品です。

理由としては唯一ヴォルデモートが出てないからですかね。笑

後はおそろく見てて一番スッキリした終わり方をするからだと思います。

話もけっこうドラマチックに進んでいきますね。

今までハリーの両親たちはかなり謎に包まれていましたが、彼らの同級生が出てくるので詳しく描写されてます。

あとは私の1番好きな魔法が登場したのもこのアズカバンの囚人です。それがエクスペクト・パトローナムという呪文です。

この魔法の力の根源は“幸せな思い出”です!幸せな気持ちが強ければ強いほど魔法の威力も強くなるのです。素敵ですよね。

そして個人によって違う守護霊が出てくるというのも幻想的で、今までの魔法の中で1番ロマンチックな魔法だなと思いました。

幻想的な魔法を見たい方

ハリーポッターの謎を少しでも解明したい方

ぜひ見てください!

 

㊟ここからはネタバレ!




ネタバレ&考察

 

忍びの地図とは?

フレッドとジョージが持ってたホグワーツ内全ての人や物の動きが記される地図です

この地図のすごいところが

・ポリジュース薬を使っても無駄

・動物もどきの能力も見破られる

・透明マントも意味なし

なのです!

すごいですよね!こんなすごいものをいったい誰が作ったんだ?!となりますがその作った人たちがハリーの父であるジェームズ、そしてシリウス、リーマス、ピーターの4人なのです。

彼ら4人は夜にホグワーツを出歩きたい(ホグワーツでは夜の出歩きは禁止)がために、この地図を作りました。

しかし、しばらくは忍びの地図にお世話になっていたのですが、フィルチに没収されてしまいます。

そしてそれを盗んだのがフレッドとジョージです。いたずらっ子の所有物はいたずらっ子に継承されていくのです。笑

そして忍びの地図はジェームズの息子であるハリーの手に最終的に届きます。

 

そしてこの地図は使うときの決まり文句があります。

地図の文字を浮かび上がらせるには

 

われ、ここに誓う、われ、よからぬことをたくらむ者なり

 

そして使い終わったあとは

 

いたずら完了

 

ジェームズたちが考えそうな文ですね。笑

 

ルーピン先生はなぜ狼人間になった?

映画内でルーピン先生は満月を見て狼に変身してしまいましたね。

ハーマイオニーの言った通り、彼は狼人間です。

リーマスが幼少期の時、リーマスの父親が狼人間と口論になりました。そのときフィンリール・グレイバックという狼人間に噛まれて以来、満月になると狼人間になってしまいます。

普段穏やかで優しい性格なので狼人間になったときのキャップがすごいですね。笑

ちなみに終盤で狼人間だということをバラされたとルーピンは言っていますが、その”誰か”というのはスネイプですね。

 

>>炎のゴブレットに登場する学校名一覧! ハリーはなぜ選手に選ばれたのか?

 

アズカバンとは?

アズカバン、あるいはアズカバン刑務所は北海の真ん中にある刑務所。15世紀に建てられ、1718年から監獄として使用された。グレートブリテンの魔法使いコミュニティが犯罪者の収容所として活用していた。アズカバンは呪文によってマグルの目から隠され、地図に記載することができなかった。

出典:http://ja.harrypotter.wikia.com

 

ようするに魔法界専用の刑務所です。

この刑務所に入る人は

 

人殺し

デスイーター

禁止の呪文を使った人

 

など、重要危険人物として扱われている囚人です。

今までですと、ハリーの両親を裏切ったとされていたシリウスや、ネビルの両親を拷問したデスイーターのベラトリックス・レストレンジなんか収容されていました。

そしてこのアズカバンの看守がディメンターです。

彼らは囚人たちの魂を徐々に吸い取りながら生活しているそうです。

彼らもともと魔法省に雇われていたのですが、ヴォルデモートの死後は魔法大臣のキングスリーによってアズカバン自体がなくなりました。

 

名シーン

 

皆さんの期待を背負って、、、

 

「黙れマルフォイ!」

 

です。笑

アズカバンの囚人のセリフで1番ツイートされてるのはこの言葉なのではないでしょうか。笑

 

以上、「ハリーポッターとアズカバンの囚人」のレビューでした。

シリーズでこの話が1番好きという人けっこう多いのではないかと思います!

ぜひ見てください!

 

>>>「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」をレビューしてみた!




error: Content is protected !!