ドラマ

SUITSの甲斐先生の車の車種は?大貴は自転車で格差がある?

月9ドラマの『SUITS/スーツ』、全米メガヒットドラマ『SUITS』を原作としている今期大注目のドラマです。

本家のアメリカ版スーツは、映画を引用した小ネタが度々出るようですが、第5話の日本版スーツは、「ワンピース回」でしたね(笑)。

Hey!Say!JAMPの中島裕翔演じる弁護士見習いの 鈴木大貴が、天才的な記憶力を持っているという人物という事もあり、要所要所にワンピースの台詞が引用されていました。

そして第5話で大貴は、ずっと腐れ縁で続いてきた悪友・遊星(磯村勇斗)との関係に終止符を打つ、という大きな決断をしましたね。

対して常に冷静で、人情味のない人間だと思っていた主人公・甲斐 正午(織田裕二)と甲斐の運転手を務める赤城達男(ブラザートム)の間には思わぬ絆があった、という展開でこれからどうなっていくのかより楽しみになってきました。

そんな注目のドラマ『SUITS/スーツ』、今回はドラマの中に登場する乗り物についてまとめてみました。




甲斐先生が乗っている車の車種は?

まずは、織田裕二さん演じる主人公・甲斐正午(かい しょうご)の人物像についてご紹介します。

・「幸村・上杉法律事務所」に所属する敏腕弁護士。
・「勝ち」にこだわり、勝つつためなら手段を選ばない。
・優秀だが、自分を曲げない性格の為敵も多い。
・エリートの弁護士として、身だしなみや持ち物にもこだわりを持っている。

そんな、甲斐先生が乗っていた車の車種について調べてみました。

運転手の赤城にコーヒーを手渡され、小洒落た会話を交わして颯爽と滑り出した高級車、かっこいいですね〜。

車体をチェックしてこの高級感溢れる車は、『HONDA LEGEND SH-AWD』という車種であると確認しました。ホンダの最高級セダンです。

HONDAの公式ホームページを見てみると、お値段700万円程…。一般庶民には手が出ませんね。うちの車が4台買えちゃう、なんて悲しくなることを考えてしまいましたが。いやいや、エリート弁護士ですから当然ですよね。本当に憧れちゃいます。

でもちょっと、甲斐は外車に乗っているようなイメージもありました。

 

過去回を振り返ると、架空の老舗時計メーカー『KAMIYA』の高級腕時計を身につけているシーンがあったり、大貴に自分が通うテーラーへオーダーメイドスーツを仕立ててもらうよう指示を出すシーンがありました。

どちらも日本の老舗という設定でしたから、甲斐先生は国産で丁寧に作られた高級な品を好む人物像なのでしょうね。

高級すぎて、あまり街では見掛けないかもしれない『HONDA LEGEND SH-AWD』、これから探してしまいそうです(笑)。

 

大貴が乗るのは自転車?


甲斐先生に対して、大貴は自転車に乗っていますね。

甲斐先生と大貴は弁護士としての経験も、収入も雲泥の差がありそれは持ち物にも現れているようです。

まずは鈴木大貴の人物像をご紹介します。

・記憶力に長け、高校2年生にして「司法予備試験」に最年少で合格
・育ての親である祖母を助けようと、中学生で新聞配達を始めるがそこで悪友の遊星と出会う。
・知人になりすまし、大学センター試験を受けた事で高校を退学になってしまう。
・パートナー弁護士を探していた甲斐の目にとまり、ハーバード大学卒業し弁護士経験のある「鈴木大輔」になりすまし働き始める。

そんな大貴、その日暮らしのフリーター生活は卒業できましたが、まだまだ芽が出ない新人です。現場や依頼人の所へ行ったり、甲斐先生の指示で動き回っている大貴ですが

ハイヤーやタクシーを使うことは少なく自転車に乗っている事が多いようです。

大貴が愛用する自転車について調べてみると、イオンバイクが販売している

『AURULA(アウローラ)S−3−K クロスバイク 700C』のようです。

イオンバイクは、イオンから生まれた自転車専門店。

大貴の愛用する自転車は、イオンバイクから販売されている7段変速付きの街乗りクロスバイクでした。本体価格 32,800円(税込価格 35,424円)と、スポーツバイクの中でもお手頃のお値段です。

 

甲斐先生とは「これでもか!」という程の差ですね(笑)。

物語が進むにつれて、弁護士としての地位がトップに近いエリートの甲斐先生に大貴は近づいていくのか。もしかして追い越してしまうのか。

はたまた、改名してまで他人になりすましている事が世間にばれ、大貴はまた転落人生を歩むのか?

これからのドラマ『SUITS/スーツ』から目が離せません。

 




error: Content is protected !!