ドラマ

アンナチュラル(ドラマ)3話ネタバレ・あらすじを知るならココ!!

TBS「アンナチュラル」は、石原さとみ主演ドラマ。

日本に新設された不自然死究明研究所(UDIラボ)を舞台に、運び込まれた不自然な死から真実を明らかにしていくというストーリー。

3話のあらすじやネタバレとは?




3話のキャスト

ドラマ「アンナチュラル」この3話でのメインゲストの俳優は吹越満さんでした。

しかし、吹越満さん以外のゲスト出演者は、放送前までは公表されていませんでした。

というわけで、こちらではドラマ「アンナチュラル」第3話ゲストのキャストをご紹介します。

「吹越満」

吹越満さんがドラマ「アンナチュラル」第3話のメインゲストでした。

どんな白いことも黒にする検事、烏田守役を演じていました。

「温水洋一」

温水洋一さんが演じていた役はドラマ「アンナチュラル」第3話で被害者の夫役、桜小路要一でした。

さらに、妻を殺害したということで、捕まっています。

動機は妻からの精神的DVによるもの。

罪を認めていましたが、凶器が違う事を三澄ミコトが発見。

「大谷亮介」

ドラマ「アンナチュラル」第3話のゲストとして大谷亮介さんも出演していました。

亀岡文行役を演じていて、弁護士の役でした。

「斉藤洋介」

斉藤洋介さんもドラマ「アンナチュラル」第3話にゲストとして出演していました。

エンドロールのキャスト欄にお名前が出てくるまでに、多くの方が斉藤洋介さんだとわかっていたと思います。

裁判のシーンで出演した斉藤洋介さんですが、激やせをされていることで、心配の声も聞かれました。

「音月桂」

音月桂さんもドラマ「アンナチュラル」第3話のゲストです。

ゲストというより、被害者だったため、生きているシーンは、ほぼ映らずでした。

演じた役は桜小路しずく、温水洋一さんの妻役です。




あらすじ

ミコト(石原さとみ)は、主婦ブロガー殺人事件の裁判に代理証人として出廷する。

被告は夫の要一(温水洋一)で、妻殺しの罪を認めていた。

しかし、裁判で証拠として提出された包丁が本当の凶器ではないことに気づいたミコトは、凶器の矛盾を指摘。

それを聞いた被告の要一も、一転して無実を主張する。

激怒した検事の烏田(吹越満)は、ミコトが若い女性であることに言及し、経験不足を執拗に指摘する。

ミコトは思わず感情的になり、まんまと烏田の策にはまってしまう。

その様子を見ていた被告の要一も、ミコトが女であることを理由に信用できないと言い出す。

ミコトは、坂本(飯尾和樹)からパワハラで訴えられた中堂(井浦新)と協力し合うことを提案。

ミコトが坂本を説得する代わりに、裁判には中堂に出席してもらう。

中堂は、遺体の傷口に残された成分から凶器の包丁が別物であることを断言。

傍若無人な中堂の態度と毒舌に烏田は閉口し、犯人は被害者の弟だと判明する。




ネタバレ

検察側の証人として法廷に立つミコトは、凶器はすでに証拠として提出されている包丁が凶器と思われる「有尖片刃器」で矛盾しないと一旦は証言。

しかし、法廷で初めて見た3DCGに見られる傷口からは、右利きの包丁が凶器と思われる。

証拠として出された被害者愛用の左利きの包丁と矛盾することを発見。

ミコトや中堂、東海林(市川実日子)らUDIメンバーは、傷口部分を保存したホルマリン液に溶け出した成分から、凶器は京料理に使われる合わせ刃の包丁だと断定する。

真犯人は、京料理店を経営している被害者の弟だった。

しずくがブログで発表しているレシピは、全部弟が考案したものだった。

京料理店が傾き始めていたので、レシピ本の印税をよこせと主張したが、鼻であしらわれ、刺殺してしまったのだった。

女性蔑視と、女性から蔑視される夫や弟を描いた3話。

法廷でこんなにあからさまに女性蔑視発言するのはリアルなのか、よくわかりませんが、これは何かの布石や伏線かもしれません。

ミコトと中堂が役割をスイッチするというミコトの提案、すごいなと思いました。

フラットな視点を持つミコトならではのアイディアですね。

1話、2話とはまた違った女性蔑視と、女性から蔑視される夫や弟を描いた3話。

さらに、白いものも黒にしてしまう、かなり強引な手法をとっても有罪率をあげる辣腕検事の烏田の登場によって、イラついた視聴者も多数いたことでしょう。

最終話に再登場しますが、高瀬を有罪にするためミコトにウソの鑑定書を書かせようとするようです。

アンナチュラル(ドラマ)4話ネタバレ・あらすじを知るならココ!!




error: Content is protected !!